サラリーマンの生活改善ブログ

30代のサラリーマン(一児の父)が今の生活をよりよくするために「株/投信への投資」、「ITツールの開発/活用」、「節約/効率化のノウハウ」を実践。ブログで公開中。

スポンサーリンク

【スマホアプリ開発】Evernote連携アプリ開発(Evernoteサーバにログインするまで)

前回(SDKインストールまで)からの続き。
今回はコーディングしてみてEvernoteのテストサーバにログインしてみます。

■開発作業の内容

◯マニフェストファイル編集

 開発するアプリからインターネット接続およびEvernoteの機能を利用するために以下の内容を追記
  1.インターネットのパーミッション追加
  2. EvernoteOAuthActivityのActivity追加

◯Mainアクティビティ編集

 Evernoteサーバの接続情報を設定します。

 1. Evernote用のオブジェクト作成(API申請時の情報と接続先サーバ)
String CONSUMER_KEY = "ユーザID";
String CONSUMER_SECRET = "API申請で取得したコード"
EvernoteSession.EvernoteService EVERNOTE_SERVICE = 
EvernoteSession.EvernoteService.SANDBOX;
mEvernoteSession = new EvernoteSession.Builder(this).setEvernoteService(EVERNOTE_SERVICE)
                .setSupportAppLinkedNotebooks(true)
                .setForceAuthenticationInThirdPartyApp(true)
                .build(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET)
                .asSingleton();

 2. Evernote認証画面呼び出し
mEvernoteSession.authenticate(getMainActivity());

 ◯アプリ画像
  まだボタンだけしかありません^^;
  Screenshot_20180219-171942.png

 ◯Evernoteテストサーバログイン画面
  「BOTTON」を押下すると、「2. Evernote認証画面呼び出し」の処理が実行され、以下の画面が表示されます。あとは前回の記事で作成したアカウントでログイン可能です。
  Screenshot_20180219-171952.png

■今後の開発作業

 1.Evernoteサーバに保存されているノートを取得
 2.ランダムにノート表示

Evernoteデベロッパーサイトのサンプルプログラム通りに作成してもところどころ動作しない部分があり、四苦八苦中。それにしてもAndroidStudioを用いての開発のしやすさが素晴らしいです。
開発作業が一通り、終わったら初心者向けにスマホアプリの開発の記事も作成できたらなと考えています。
関連記事
[ 2018/02/19 16:37 ] ITツール スマホアプリ開発 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する