サラリーマンの生活改善ブログ

30代のサラリーマン(一児の父)が今の生活をよりよくするために「株/投信への投資」、「ITツールの開発/活用」、「節約/効率化のノウハウ」を実践。ブログで公開中。

スポンサーリンク

【スマホアプリ開発】Evernote連携アプリ開発(取得したノート情報を画面に表示)

前回からの続きです。 今回はEvernoteサーバから取得したノートの情報を画面に表示してみます。

■開発作業の内容

◯Mainアクティビティ編集

前回の「Filter」操作にて取得したノート情報はメタデータとなり、実体(テキストデータや画像等)は含まれてません。
実体を以下の構文で取得します。なお取得するノートはランダムとしてますのでランダムな値を「i」に格納するロジックとしています。

note = noteStoreClient.getNote(notes.getNotes().get(i).getGuid(),true,false,false,false);


<getNoteメソッド>
引数1:GUID(ノート情報を一意に特定するキー情報)
引数2:Content(ENML形式のテキスト情報)取得要否(要:true、否:false)
引数3:ResourcesData(画像等のバイナリデータ)取得要否(要:true、否:false)
引数4:ResourcesRecognition取得要否(要:true、否:false)
引数5:ResourcesAlternateData取得要否(要:true、否:false)

取得したデータはENMLという独自のマークアップ言語。
HTMLと若干の互換性があるとのことで、WebViewに表示してみました。

◯アプリ画面

screenshot_20180327-211202.png

上の画像はテキスト情報のみですので問題なく表示できてますが、画像ファイルが存在すると表示できません。
今後、画像ファイルを表示することが課題。ただし、ENML形式からHTML形式に変換する必要があり一筋縄ではいかなさそうです。
ちなみにこのアプリは画像上部のボタンを押してノート情報を取得します。
「ログイン」「ログアウト」はEvernoteサーバへのログイン/ログアウト操作。
「ノート取得」ボタンを押下すると、Evernoteサーバに保存されているノート情報をランダムに表示します。


■今後の開発作業

ここまでの開発で当初の目的であるEvernoteのノートをランダムに表示されるアプリは概ね完成したので自分の中では満足しています。開発ペースが落ちるかも・・・。今後は以下を実装予定です。
 ・画像の表示
 ・Activityのライフサイクルを考慮した実装
関連記事
[ 2018/03/27 18:51 ] ITツール スマホアプリ開発 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かず郎

Author:かず郎
30代のサラリーマン(一児の父)が今の生活をよりよくするために以下の内容を実践。ブログで公開中。
 ・株/投信への投資
 ・ITツールの開発/活用
 ・節約や効率化のノウハウ