FC2ブログ

サラリーマンの生活改善ブログ

30代のサラリーマン(一児の父)が今の生活をよりよくするために「株/投信への投資」、「ITツールの開発/活用」、「節約/効率化のノウハウ」を実践。ブログで公開中。

スポンサーリンク

【書籍レビュー】メンタルがよろしくない状態でメンタル関連の本を読んでみました

仕事が原因でメンタルがよろしくないときに書籍に頼ってみました。
「自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書) 」という書籍のレビューとなります。
以下の記事の通り今年明けぐらいから仕事がものすごく忙しく、体力はもちろんのことメンタル的にもかなりやられてしまいました。
 ・職場が酷い状況ですが前向きに
 ・入社して一番しんどい一週間

そんな時にAmazon Kindleで安売りセールとなっているところを見つけ購入してみました。



本書は自衛隊の教官を務める方が執筆しています。心理学や精神医学を勉強してきたわけではないものの、自衛隊という過酷な現場で積んだ経験を元にメンタルの強さ(「長期戦を戦える力」と表現してました)をつけるための具体的な方法が書かれていました。

スポンサーリンク

本書の序盤はストレスがかかる環境下で人間はどうような身体的反応をしていくかが説明されました。これがまた自分と自分の職場に当てはまる当てはまる(汗)。内容に共感を感じるとともに私に起きた身体的な反応が私特有の症状ではなく、人間として当たり前の反応だということが分かり非常に安心しました。

中盤から終盤ではメンタルの強さを備えるために、「組織力」と「疲労のコントロール」というポイントで具体的な方法について記述されています。
いずれも精神論ではなく、人間の特性(ムリが続くと破綻する)を前提においたうえでの方法論となっており、一般人の生活においても通ずる部分が多く参考となりました。

自衛隊は体力/精神的に大変なのは間違いないのでしょうが、その組織を支えているのは人間らしくムリをしないことなんだと気付かされた一冊でした。

私と同様にメンタル的にやられている人はぜひ読んでみてください(笑)。
関連記事
[ 2018/05/03 14:45 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する