サラリーマンの生活改善ブログ

30代のサラリーマン(一児の父)が今の生活をよりよくするために「株/投信への投資」、「ITツールの開発/活用」、「節約/効率化のノウハウ」を実践。ブログで公開中。

スポンサーリンク

家計シミュレーションのご紹介

定年までいくら貯めればいいんでしょうか?。
金銭面で漠然とした不安を解消するために、定年時点でいくら貯蓄されてるか、とあるサイトを元にシミュレーションしてみました。
なんでもそうだと思いますがゴールが分からない状況は精神的な負担が大きいと思います。
仕事でよく部下からゴールが見えなくて今の状況が分からず、進んでいるかどうか分からずつらいという相談を受けます。
そのとおりだと思います。

私の将来もそんな状況です。それほど悲観的ではないですが、金銭面で今の生活水準を維持できるかちょっと不安です。私のゴールは日本一のお金持ちではありません。今の生活水準を維持できるための一生分の貯蓄額を年齢が若い段階で達成することです。しかしその貯蓄額が具体的にいくらかわかってません(汗)

その貯蓄額を計算してみようということでネットで軽く調べてみたところ、いいサイトを見つけたので紹介します。

■家計シミュレーションサイト
iction!みらい家計シミュレーション
収入や支出の情報を入力すると貯蓄額の遷移をシミュレーションしてくれます。

入力画面はこんな感じです。
グラフィカスで分かりやすいです。試算が難しい情報も世間一般的な平均値を提示してくれるので入力はそれほど難しくありません。

Image.jpg

教育費もそこそこ細かく入力できます。

Image [2]

スポンサーリンク


シミュレーション結果のスクショが以下です(以下の結果は私の情報ではなくサンプル)。

貯蓄額の遷移はもちろんのこと支出が収入を上回る年、貯蓄が赤字になる年が色分けされており分かりやすいです。
※年金/退職金は考慮されてないとのこと。
SnapCrab_NoName_2018-5-26_18-26-6_No-00.png


このシミュレーションをやってみて、楽観視はしてなかったもののちょっと家計の見直しが必要だと感じてます。^^;
このシミュレーション結果を100%鵜呑みにするのは難しいと思いますが、一定のものさしとして参考とするのはありじゃないかと思っています。

将来の貯蓄額がよく分からないという人は私だけじゃないはず!!。そういった方は上記のシミュレーションサイトを参考にしてみてください。
関連記事
[ 2018/05/26 17:24 ] 生活 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する